旅行記

【西日本神社巡り車中泊の旅⑫】日本三大天神制覇へ、北野天満宮【5日目:京都府】

2021年10月8日

コルト
こんにちは!コルトです。

今回は、2019年11月下旬に行った「西日本神社巡り車中泊の旅」5日目、京都での模様をお送りします。

前回は、滋賀での多賀大社の参拝などの模様をお送りしました。
前回の様子

日本三大天神制覇へ、京都に向かう

前回は滋賀県の多賀大社を参拝し、次は京都に向かいます。

京都というとお寺のイメージが強いですが、有名な神社もたくさんあるんですね。
その中で、どの神社を参拝しようかなというところで考えましたが、この旅ではここまで太宰府天満宮、防府天満宮と日本三大天神の2つを参拝してきているということで、今回京都では日本三大天神の最後の1つである北野天満宮に向かうことにしました。

ということで、多賀大社を出発して高速道路で移動すること約1時間半、京都での目的地「北野天満宮」に到着です。

 

北野天満宮とは

北野天満宮は、菅原道真公を御祭神としてお祀りする全国約1万2000社の天満宮、天神社の総本社です。

日本三大天神(日本三大天満宮)の一つ。

梅やもみじの名所としても有名で、2~3月ごろに訪れれば綺麗に咲いた梅を、11月ごろには紅葉も楽しむことができます。

 

住所

京都市上京区馬喰町

公共交通機関でのアクセス

  • 京福北野線「北野白梅町」駅から徒歩約7分。
  • JR「京都」駅から市バス(101系統)で約30分「北野天満宮前」バス停下車から徒歩約2分。

車でのアクセス

  • 名神高速道路「京都東IC」から約35分。
  • 名神高速道路「京都南IC」から約30分。

名物

北野天満宮の名物といえば「長五郎餅」です。

こし餡を薄皮の餅で包んだお菓子でほど良い甘さでとてもおいしいです。

境内でも売られているので、休憩がてら神社の雰囲気を味わいながら食べるのもおすすめです。

 

北野天満宮を参拝

高速を降りて街中に入ると、さすがに週末の京都ということで多くの人でにぎわっていました。

北野天満宮に到着して駐車場に停めるまでに結構時間がかかるかなと思ってましたが、20分ほどで停めることができました。

無事、車を停めることができたので、まずは一の鳥居に向かいます。

一の鳥居。
石造りの立派な鳥居でした。

 

参道を進んださきの楼門。

 

さらに進んだところにある三光門。

 

こちらが拝殿。
さすが京都。人が多いですね。
初詣でもないのにこんなに並んでお参りしたのは初めてだったかも。

お参りをして御朱印をいただきました。

この旅12個目。北野天満宮の御朱印です。

これにて日本三大天神を制覇ということになりました。
こういう形で何かしらつながりのある場所を巡るというのも旅の楽しみ方のひとつとして良いですね。

 

鳥取県を目指す

北野天満宮を参拝し、時刻は午後3時半ごろ。

京都ではもう少し混雑に巻き込まれるかと思っていたのですが、運よく予定よりも早く京都での目的を果たせて時間に余裕ができたので、この日のうちに一気に鳥取付近まで移動することに。

その前に腹ごしらえ、ということで食べたのがこちら。

京都と言えば…ラーメン。

おいしかったです。ごちそうさまでした。

この旅6杯目のラーメンを食べたところで移動を開始。

約2時間ほど走ったところで休憩もかねて、ちょうど走っていた国道9号線沿いにある福知山温泉に寄っていきました。
いいお湯でリフレッシュできました。
車の旅だと、少し郊外にある有名な温泉なんかにも気軽によりやすいのは良いところでもありますね。

温泉でリフレッシュしたところで、さらに鳥取県側に向かって2時間ほど走り、本日の宿泊地「道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷」に到着。

今日はここで休憩し、明日に備えることにします。

 

<5日目の移動ルート>

名古屋駅付近→熱田神宮→多賀大社→北野天満宮→福知山温泉→道の駅山陰海岸ジオパーク浜坂の郷まで。
移動距離はおおよそ349kmでした。

 

次回へ続く…

 

下のバナーをクリックしていただけると励みになります!
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
にほんブログ村


車中泊ランキング

 

© 2022 とに旅! Powered by AFFINGER5