旅行記

【宮城県:一人旅】最終日!最後は、あの宮城グルメで締めくくる【最終日】

コルト
こんにちは!コルトです。

今回は、2022年6月下旬、宮城県一人旅の最終日の模様をお送りします。

宮城県でおいしかったグルメや観光地など楽しんだ場所を紹介します。

2日目の模様はこちら

👇クリックで応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


旅行・観光ランキング

いよいよ最終日

3日目の朝を迎えました。
いよいよこの旅も最終日、飛行機の時間までしっかりと宮城を楽しみたいと思います。

ということで、今日も朝は仙台駅からスタート。

JR仙石線で移動すること約30分。到着したのは、

本塩釜駅です。

 

塩釜で寿司

というわけで、宮城最後のグルメは塩釜の寿司にすることにしました!

当初の予定では、仙台駅近くで何軒か食べて帰る予定でしたが、昨日乗ったタクシーの運転手さんに話を聞いた時に「旅行者の方はお寿司が美味しかったと言って帰られる方が多いですよ」とおっしゃっていたので、ならばということで塩釜に寿司を食べに来てみました。

来たお店はこちら、

「すし哲」さんです。

人気店ということなので混む前に入ろうということで開店前に並んで待機していたところ、開店時間には30人ほどの列になっていました。
さすが人気店。

いざ入店し、注文したのは看板メニューだという「すし哲物語」。

大皿に盛られてやってきました。見るからに美味しそう。

なにやらこの大皿に盛って寿司を提供する形の元祖は、このすし哲さんなんだそうです。
見た目でも楽しめる料理というのも良いですよね。

食べてみると・・・う~ん、さすがに美味しい。
ネタとシャリのバランスが良く一つ一つの寿司もおいしく、大きさも適度なので全部のネタを一番おいしい状態で食べきれる量がちょうど良かったです。
お吸い物もエビの出汁が出ていておいしかったです。

そして、〆にデザートも。

いちごのシャーベットでした。
果肉感が凄くてめちゃくちゃおいしかったです。

 

帰路につく

寿司で大満足したところで、いよいよ飛行機の時間が迫ってきたので空港に向かいます。

(「まだ帰りたくねぇよ~」と思いつつ外を見て黄昏る)

仙台駅で空港アクセス線に乗り換え約30分、空港に到着です。

お土産を買って、荷物も預けて休んでいるとあるものが目に入ったので購入。

ずんだシェイク!
これも結構話題になっていましたね。最後に出会えてよかった。

味もほど良い甘みで美味しい。
昨日食べたずんだ餅も気に入ったので、ずんだ系はかなり私の好みに合うことがわかりました。



 

さらば宮城・仙台

いよいよ時間になったので飛行機に乗り込みます。

悲しみの離陸。
さらば宮城、さらば仙台。

約2時間のフライトで福岡に無事到着。

これにて、2022年宮城県一人旅は終了です。

 

最後に

今回は、宮城県2泊3日一人旅の模様をお送りしました。

3日間の旅でしたが、ご当地グルメや観光などしっかりと楽しめた3日間でした。
なかには松島で天候に恵まれないなど悲しいこともありましたが、それはまた次に宮城県に来る時の楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

それでは、また!

 

© 2022 とに旅! Powered by AFFINGER5